知らずに服用NG!ピルの基礎知識

  • ホーム
  • >初めて>
  • 知らずに服用NG!ピルの基礎知識
  • 知らずに服用NG!ピルの基礎知識

    初めての方向けピルの基礎知識

    低用量ピルは日本ではまだまだ浸透していない薬で、海外に比べても服用率も低い薬です。
    正式には医薬品のため医療機関で処方されて飲む薬ですが、ネット経由で個人輸入も可能なことから、個人の判断で服用する例も出てきています。

    しかし低用量ピルはメリットばかりの薬ではないし、デメリットも場合によっては命に係わるケースがありますので、正しい基礎知識が必要なものです。
    日本の医薬品は根拠ある効果もあるがリスクも高いものなので、自分が服用するのですから、しっかりと低用量ピルについて知る必要もあるものです。

    低用量ピルとは

    まず低用量ピルは女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンを合成した薬で、多くの場合は避妊や婦人科系の病気の治療のために服用します。
    働きから期待できる避妊効果は非常に高く99.8%もの高い確率が挙げられます。
    ホルモンバランスを調整しますので、若干の副作用による体調不良や体重の増加があることもありますが個人差があります。

    もちろん副作用もあります

    低用量ピルは女性特有の部位に関するガンの方は服用できません。
    女性ホルモンに関係して変化を生じる部位のガンの方は女性ホルモンでできているピルを服用することで悪化を招く可能性があることから服用は推奨していません。
    さらに35歳以上の喫煙者で1日15本以上の方も使用できませんし、血栓症になりやすい方極端な肥満の方も服用できません。

    まずは病院で服用可能か相談を

    服用に関しては婦人科医と相談し適切な検査を受けて判断する必要があります。
    低用量ピルは女性ホルモンを増やすことによって体内を疑似妊娠状態にして、排卵を抑制し子宮内膜の成長を抑えます。
    そのため避妊効果はもちろんのこと、子宮内膜症を始めとした婦人科系の病気、生理に関する病気の治療にも用いられる薬ですので、
    手軽な価格だからといってネットで購入して勝手に飲み始めるのはあまりおすすめできません。