ピル服用初心者が気を付けること!

  • ホーム
  • >初めて>
  • ピル服用初心者が気を付けること!
  • ピル服用初心者が気を付けること!

    低用量ピルを避妊のために服用する女性は徐々に増えてきていて、望まない妊娠を予防する意味ではとても役立つ薬として日本にも浸透しつつあります。
    海外では日本よりも需要が高く認知度もあるものですが、初めてピルを服用した初心者の方はさまざまな体の変化に戸惑ったり、大丈夫かなあと心配になることも多いはずです。
    低用量ピルを初めて飲むという方が気を付けることについて詳しく見ていきましょう。

    ピルの副作用との付き合い方

    低用量ピルは毎日1回決まった時間に飲む薬で体内の女性ホルモンのバランスを整えると同時に排卵を抑制して高い避妊効果を発揮するものです。
    話だけではとても効率的な避妊ができるものですが、ピルには副作用がありその中には軽微なものから命に係わるものまであるので体のメンテナンスをしていくことが必要になります。

    ピルを飲むなら定期健診を

    よくある副作用は吐き気や頭痛、食欲不振などでそのほか個人差がありますが、重篤なものでは血栓症になりやすくなるというものがあります。
    これらは必ずしもみんながそうなるというものではなくリスクが高まるというものなので、まず気を付けることは正しい服用と定期検診をしっかりと受けることです。

    低用量ピルそのものは個人輸入などに頼らずに医療機関である程度の診察の元、処方してもらったものだけを服用して毎回ピルをもらうたびに異常があれば相談したり検査をしてもらうことがおすすめです。

    健康への安全を配慮して服用を

    特に18歳以上の女性でパートナーがいる方は定期的な検査とがんの検診も受けることが推奨されています。
    また必要に応じて定期検診以外にも内診や乳房、性病、検尿、血液検査、肝機能、といったところもチェックしてもらうようにするとより健康への安全性が高まりますし、ピルを服用すること以外のトラブルも予防できます。
    ピルを正しく服用すると現状のピルの内容では避妊の確率はほとんど100%に近いため、常に正しい飲み方を守り、日本の医療機関との連携を怠らないことが重要なポイントになります。