ピルが欲しい人必見!低用量ピルの入手先と妊娠について

  • ホーム
  • >購入>
  • ピルが欲しい人必見!低用量ピルの入手先と妊娠について
  • ピルが欲しい人必見!低用量ピルの入手先と妊娠について

    インターネットでの購入

    低用量ピルは、日本では認可されている医薬品に該当するもので、個人が薬局などで購入できる部類には属していないものです。
    そのためどうしても低用量ピルが欲しい、服用してみたい、という場合は、婦人科などを受診して、専門のドクターから処方してもらう必要が出てきます。

    処方された低用量ピル以外をインターネットなどで購入したり、個人輸入などで入手する方法は、法律違反となり罰せられる対象になります。
    罰せられるという危機感の他に、その経路で入手した低用量ピルが本物かどうかが保証できないために、非常に危険なものとして認識する必要があります。

    仮に個人輸入したとしても、その低用量ピルにそっくりな薬剤の中身が本物かどうかは誰も保証してくれませんし、万一飲んでみて何らかの健康被害が出た場合も誰も守ってはくれません。
    このような視点からも低用量ピルはしっかりと日本の専門のドクターに処方してもらう必要があります。

    日本での低用量ピルについての歴史は比較的浅いもので、すべての婦人科のドクターが精通しているようなものではありません。
    考え方によっては産科のドクターはピルとは無縁なことが多いために、使い慣れていないことが考えられ、婦人科のドクターは使い慣れている可能性が高いと言えます。

    妊娠を希望する場合

    低用量ピルを長年服用してきたとしても、妊娠を希望する場合は、妊娠することが可能です。
    母体に特に問題がない場合で、正常に排卵や月経が起こるなら、低用量ピルの服用をやめれば、正常な状態で自然に生理が起こり、排卵も認められるようになります。

    低用量ピルの服用をやめて1か月以内に排卵が起こり、のちに月経となる計算ですが、この場合に妊娠をしても、特に胎児への影響はありませんし、悪いということはなにもありません。

    ただし、高齢出産の場合は胎児に影響がなくてもいろいろな意味で配慮や注意が必要になるので、注意しておきましょう。