ネット購入時処方箋なしで買えるの?

  • ホーム
  • >購入>
  • ネット購入時処方箋なしで買えるの?
  • ネット購入時処方箋なしで買えるの?

    低用量ピルを購入するときは一般には医療機関で処方されたものを購入して飲むことが基本です。
    しかしピルそのものが国内生産されていないことから海外から個人輸入できるとして自分の分だけを購入する方も増えています。
    ネットで購入するときは医療機関のときのように処方箋がなくても購入できるのでしょうか?

    個人輸入代行業者から購入

    ピルそのものは日本国内では処方箋薬のため医療機関で処方してもらうことが基本ですが、個人輸入代行業者から購入することもできるのか?できないのか?
    というと答えはできるです。
    医薬品について個人輸入する場合は自分の分のみならば認められていて、それを他人に転売したりすることは禁止となっています。
    ピルが海外に比べて日本では浸透しきっていないためにこうした誤解や不安が生じますが、基本的には処方箋なしで個人輸入代行業者から2か月分以下まで購入できます。
    それ以上のピルを購入するときは代行業者に別に梱包してもらうなどする必要があります。
    一見すると通販感覚でネットから申し込みができて到着するのを待っていればいいために手軽に感じますが、実際にはさまざまな不安要素も含んでいます。

    代行業者を使用するリスク

    確かに処方箋なしでネット購入するような感覚で個人輸入代行業者から購入できますが、このピルが本物かどうかは飲んでみないとわからないという状態になります。
    処方されたものなら日本で厳しくチェックされているものなので万一のことがあれば問い合わせや確認なども簡単にできますが、個人輸入代行業者から購入したものはそうはいきません。
    あくまでも商品の質や管理などは別の業務であり、個人輸入代行という業務がメインだからです。
    外袋は指定したピルでも中身が違うとしたら恐ろしいことですし、万一トラブルがあった場合でもどこに訴えればいいのかもわからない状態になります。ネット購入時は確かに処方箋が不要で安く手に入りますがその分リスクは高まることを正しく理解しておくことが重要になります。