ピル購入までの流れ

  • ホーム
  • >購入>
  • ピル購入までの流れ
  • ピル購入までの流れ

    低用量ピルは日本だけでなく海外でも服用している方が多いもので、ピルが欲しいと思っている女性もそれだけ多く存在しているといえます。

    まずは病院で処方してもらう

    日本で低用量ピルを購入したい場合は、まずはピルの取り扱いがある婦人科を受診してピルの服用に適している体かどうかを検査してもらう必要があります。
    その後安全性が確認されればピルを処方してもらい1シートを大体3000円くらいで購入し服用してみるという段階に進みます。
    どうしてこのようにピルを購入するときは病院に行かないといけないのかというと、日本の薬事法では認可した医薬品については、個人が自由には売買できない決まりで、必ず医師の処方のもとで正しく服用する必要があるからです。
    医薬品というのは薬事法の中で言えば、薬として認識されている部類で根拠ある効果があるもののことをいいます。
    しかし効果も強いがリスクも高くなるというデメリットも抱えていますので、個人で勝手に服用したり服用を辞めることは非常に危険なものです。

    ネットで買う事も実は可能

    この医薬品に認可されている低用量ピルは世界的にも広がっているので、実際にはインターネットでも購入することができます。
    日本では薬事法によって整備されていても海外では同じ扱いとは限らず、海外から個人輸入が可能な低用量ピルも数多くあります。
    場合によっては個人輸入代行業者もいるほどで、これらは日本で購入した場合すべて罰せられる対象となります。
    インターネットで仮に購入しようとするときは、個人輸入代行業者のオフィシャルサイトから欲しいピルを選択してカード決済するだけで購入手続きは完了します。
    ただしそのピルが実際に自宅に届く保証はなく、正式な製品が届く保証もありませんので、下手をすれば本物にそっくりな別の薬が届いたり、もっと質の悪いケースで言えば商品そのものが届かない、業者とも連絡が取れない、といったことにもなりかねません。