日本で低用量ピルが普及していない理由

  • ホーム
  • >避妊>
  • 日本で低用量ピルが普及していない理由
  • 日本で低用量ピルが普及していない理由

    避妊方法として低用量ピルがメジャーでない理由

    低用量ピルは、海外ではわりとポピュラーな避妊薬で、適切に利用すれば女性ホルモンを自主的にコントロールできるものです。
    自主的にコントロールするというのは、低用量ピルをドクターの指示通りに服用することで妊娠状態に匹敵する女性ホルモン量となるために、排卵しなくなるという効果を狙うものです。
    排卵しないということは、どんなに性交渉を持ったとしても妊娠する可能性はほぼゼロとなります。
    そのため確実に排卵していないとすれば完璧な避妊の効果が得られます。

    日本では副作用ばかりが注目されている?

    しかし海外では普及しているのに、日本では比較的普及が遅れており、どうしてもピルというと副作用に関心が高まる傾向があります。
    低用量ピルの副作用にはさまざまなものがあり、ほとんどが全身症状なことから辛さのあまり服用を断念する方もいます。
    また血栓症などの重篤な病気のリスクを高めることもあるので、ドクターと相談の末、あきらめる女性もいます。

    コンドームより効果的なのになぜ?

    しかし、低用量ピルは、避妊の効果から見れば非常に優れたもので、コンドームのように破損したり外れるような心配は全くありません。
    そういった観点から見ると日本ではもっと多く低用量ピルを避妊目的で服用していてもおかしくありません。
    それにもかかわらず日本で低用量ピルが普及していない理由の1つに、日本でのピルの認可が遅かったということが挙げられます。
    これは1999年まで認可されていなかったために、まだまだ低用量ピルの本当のメリットやデメリットが浸透しきれていないことが考えられます。
    近年では低用量ピルという副作用を軽減させたピルが主流となっているので、適切な飲み方をすれば女性の生理の悩みや避妊のアイテムとしてもかなり有用に利用することができるものです。