低用量ピルによる避妊方法とは

  • ホーム
  • >避妊>
  • 低用量ピルによる避妊方法とは
  • 低用量ピルによる避妊方法とは

    日本ではOCと言われることもある低用量経口避妊薬は、女性の体の中の女性ホルモンの濃度をコントロールするものです。
    女性ホルモンの濃度をコントロールすることで、得られる効果として、女性ならではの排卵を抑制したり、仮に受精した場合、受精卵が着床しにくい状態にするなど、妊娠をしにくくすることが本来の目的です。

    避妊方法としてはとても有効なもので、薬で避妊するというよりは、女性ホルモンをコントロールして、妊娠が成立しない状態を作り出すという感じの薬です。

    低用量ピルの効果

    大きく分けると3つの効き目があります。

    ・排卵を抑制する
    ホルモンをコントロールすることで、排卵自体が起こらない状態にします

    ・着床を阻止する
    子宮内膜が厚くなることを抑制して、万が一受精しても着床できない状態にします

    ・子宮内に精子が侵入することを防ぐ
    子宮頚管の粘液を変化させる働きがあり、精子がどれだけ元気でも子宮内に入れないようにします

    こうした3つのステップがあり、どれか1つのステップが完全ではなかったとしても、他の2つのステップで妊娠を阻害できると考えられています。

    男性主体の避妊方法ではなくて、女性が自分でひっそりと行えて確実だということから、さまざまな理由から避妊方法の1つとして低用量ピルを服用する女性が増えています。

    正しく服用すれば高い避妊効果が得られるものなので、低用量ピルの知識のあるドクターに処方してもらうようにしましょう。

    低用量ピルの登場

    このピルは以前はホルモン量が多いものが主流でした。
    その後改良が進められて、中くらいの量になり、やがて少量へと変化していきましたが、日本で現在、服用が可能なものは低用量のものだけとなっています。

    日本では海外に比べると格段に低用量ピルの利用率は低いものです。
    そのため認知度が低いこともあるので、処方を希望する場合は、産科がメインのクリニックではなくて、婦人科で、しかもピルの扱いに関して知識があるドクターのところを選ぶようにしましょう。