生理と低用量ピルの関係について

  • ホーム
  • >効果>
  • 生理と低用量ピルの関係について
  • 生理と低用量ピルの関係について

    生理と低用量ピルの関係

    低用量ピルは主に避妊のための飲み薬として広く知られています。
    避妊と妊娠というものは生理との関係が深いものなので低用量ピルは生理との関わりが深いと言える薬です。
    この点に着目すると、低用量ピルは生理異常の治療薬としても使える、そんな印象を受けます。

    生理と低用量ピルの関係性について考えていくと、低用量ピルがさまざまな働きを持ち、生理にも影響していることがわかってきます。

    低用量ピルの仕組み

    そもそも低用量ピルは、エストロゲンとプロゲステロンに似ているホルモンを含んでいるものです。
    低用量ピルを服用すると、これらの類似したホルモンの働きによって、脳が妊娠したと勘違いを起こします。
    そのため、排卵を抑制して生理も止まる仕組みが実現します。

    ピルを服用している間は、このような仕組みから生理が来ることはまずありません。
    服用をやめると、ホルモンバランスが変化して、脳が妊娠が終了したと判断し、排卵や生理が起こるようになります。

    低用量ピルと生理の関係はこのように実に密接なのです。
    この生理をコントロールする仕組みは避妊以外にも活用されていて、低用量ピルが持つさまざまな効果によって生理の異常や子宮内膜の異常を改善することもあるとされています。

    婦人科系の病気を改善できる?

    生理の異常は大抵がホルモンバランスの異常や、ホルモンバランスの乱れによる何らかの症状によるものがほとんどです。
    例えば子宮筋腫もホルモンの影響で大きくなったり小さくなったりしますし、生理の出血量が増える原因になります。

    低用量ピルを服用することでホルモンバランスがある程度整うため、こうした一見すると無関係のような症状も改善されていきます。

    生理が関係している婦人科系の病気を改善へと導く傾向があるものの、直接的な治療にはなるとは限りません。
    しかし卵巣や排卵、ホルモンバランス、子宮内膜との関係も深いので、生理との関係性は深いものとなり、切っても切れないような関係性であると言えるものがあります。