ピルの隠れたメリット!

  • ホーム
  • >効果>
  • ピルの隠れたメリット!
  • ピルの隠れたメリット!

    低用量ピルは一般的に経口避妊薬として認識されていて、それ以外の効果はあまり知られていないことが多いです。
    ピルを飲むとメリットとしてさまざまな嬉しい効果があり近年では病気の治療にも使われています。

    月経周期の安定

    まず代表的なピルのメリットといえば、月経周期の安定が挙げられます。
    ピルはどのようなタイプのものでも、21日間服用して7日間休むことになっています。
    そのため規則正しいホルモンの摂取と休息となるので、月経周期も規則正しく変化していきます。

    生理痛の改善

    月経関係では月経量が減り、生理痛の改善にも効果があります。
    排卵を抑制してホルモンの変化をコントロールする働きがあるので、毎月ひどい生理痛で学校や仕事を休んでいる方もそこまでひどい状態から脱出することができます。
    PMS(月経前症候群)も多くの女性が苦しんでいますが、この諸症状も和らげることができ、ホルモンが影響していた症状がやや一定の症状となっていきます。

    その他の効果

    その他ではニキビが改善することも挙げられます。
    ピルには女性ホルモンが2種類配合されていてその影響によって月経のときに出るニキビをコントロールすることが可能です。
    どうしても月経が近いときや月経中は肌荒れしてすごくボロボロの状態になる方は、ピルを服用するとニキビの原因となるホルモンの状態をコントロールできますのでニキビの発生を抑えたり軽減する効果も期待できます。

    あとはやはり子宮関係のメリットが多くあります。
    ピルの服用が長期間になっていくと卵巣がんや子宮体がん、直腸がん、りうまちなどの病気を予防することになり、
    また極端なホルモンバランスの変化がなくなるのでそれに伴う各種婦人科系の病気の悪化や進行を抑える効果も期待できます。