低用量ピルの飲み方や導入方法は何通りある?

  • ホーム
  • >飲み方>
  • 低用量ピルの飲み方や導入方法は何通りある?
  • 低用量ピルの飲み方や導入方法は何通りある?

    ピルの飲みはじめ

    低用量ピルの飲み方には、大きく分けて2種類あり生理が始まった日を1日目と数えて飲み始める方法をDay1スタートといい、生理になって初めての日曜日から飲み始める方法をサンデースタートといいます。

    サンデースタート

    Day1スタートは生理周期に合わせるためにわかりやすいですが、サンデースタートはどのような特徴があるのでしょうか。
    サンデースタートは、生理が始まってから初めての日曜日をスタートにするので、例えば、木曜日に生理が来たとするとその週の日曜から低用量ピルを飲むという解釈になります。
    そうなると、ピル飲み始めの日曜から土曜日までの一週間は避妊を併用する必要がある、と言う風にも考えられます。

    Day1スタート


    対してDay1スタートの場合は、飲み始めの1週間の間でも他の避妊を併用する必要はないといえます。
    飲み始めの1週間程度に大きな違いがあり、いつでも避妊の可能性が高い方が良い場合はDay1スタート、サイクルを守りたいというときはサンデースタートがスムーズだといえます。

    21錠タイプと28錠タイプの違い

    低用量ピルの使用方法として代表的なものは、毎日できるだけ同じ時間帯に服用することと、休薬期間の有無で違いが出てきます。
    休薬期間を7日間設ける21錠タイプと、休薬期間がなくて比較的飲み忘れ防止に役立つ28錠のタイプがあります。
    どちらのタイプも薬剤の量や内容は同じです。
    大きな違いとしては、偽薬があるかどうかというところで、21錠タイプでは休薬期間として薬を7日間飲まないところを、28日間では偽薬として薬剤の入っていないカプセルを7日間飲むという習慣性の違いといった部分です。
    使用方法としてはどちらのタイプでも薬剤の入っている錠剤を必要日数定期的に飲めば問題がありませんので、あとは飲む女性のライフスタイルや習慣によるところが大きくなります。