自分に合ったピル探し

  • ホーム
  • >タイプ>
  • 自分に合ったピル探し
  • 自分に合ったピル探し

    低用量ピルには種類があり、種類によってはピルの選び方も変化していきます。
    大まかに2種類に分かれており、一相性ピルと段階型ビルに分かれています。

    一相性ピル
    一相性ピルは女性の本来の月経周期に合わせるように作られていて服用は21日間飲んで7日休むことが基本です。
    ピルの効き目が一定なので一般的な低用量ピルでダイアンやマーベロン21が代表的です。

    段階型ピル
    もう1つは段階型ピルで薬の配合量が変化していくことが特徴です。
    一般的には二相性、三相性と呼ばれることが多く、二段階、三段階に薬の配合量が変化するという意味があります。
    トータル的なホルモン量にも違いがあり三相性ピルの方が少ないことがわかっています。
    代表的な商品ではトリキュラーがあります。ここで思うのはどう選ぶのかということです。

    ドクターも決められない?

    ピルの種類なんて素人が選ぶものなのかと思う方もいるかもしれませんが、これは飲んでみて自分との相性にもよるところがあります。
    なのでドクターが勧めた薬でも体に合わない事も少なくありません。
    使い勝手が良いのは一相性ピルで、生理日に関係なく薬剤も一定のために飲み間違える心配もないし安全です。
    段階型ピルの方は決められた順番でピルを飲む必要があり、少しの違いでも面倒と感じる可能性はあります。

    あくまで目安なので自分の体と相談しよう

    総合的なホルモン量で考えると安全性が高いのは段階型ピルで、ホルモン量が少ないことがメリットとなります。
    副作用や不正出血が少ないということでは勝るといえます。
    実際に服用してみて自分の体はどう変化したのかによっても選ぶことができます。
    薬の効き目によっては最初から一定なのか、段階を踏んで増えるのかの違いだけでも、導入時の不快な症状には違いがでることがあります。
    自分の体と相談して飲み続けられるもの、婦人科系の状態に良い影響を感じるものという基準で選ぶことも良いでしょう。