低用量ピルの世代別の種類と特徴

  • ホーム
  • >タイプ>
  • 低用量ピルの世代別の種類と特徴
  • 低用量ピルの世代別の種類と特徴

    世代とその特徴

    ピルには低用量や中用量などのような用量のほかに、世代によって区別をすることがあります。
    これは薬品に多く用いられているもので、世代によって薬品の薬剤量の違いや効果と副作用などのリスクの違いがあります。
    低用量ピルというカテゴリの中でもこの世代は存在していて、一般的には第一世代から第四世代があります。
    低用量ピルには第一世代から第四世代までが存在していて、それぞれに特徴があります。

    第一世代

    第一世代は、代表ていきなものにオーソM、ルナベルLD、ルナベルULD、シンフェーズなどがあり、オーソM、ルナベル2種類が属する相性の第一相性に属するものは、出血量が減少するという特徴があります。
    特にルナベルのULDは超低用量ピルなので副作用が最も少ないです。

    第二世代

    第二世代に属するものはトリキュラーがあります。
    自然のホルモンのサイクルに近い仕組みになっており、正出血の頻度が少ないことが特徴です。

    第三世代

    第三世代に属するものではマーベロンが有名です。
    ピルの中でも1番男性ホルモン作用が少なく、多毛にも有効性があります。
    ニキビ改善効果があり美肌にも良い効果があります。

    第四世代

    第四世代に属するものでは、ヤーズがあります。
    使用方法としてはPMSの改善に効果があり、強いPMS症状がある方に処方することがあります。

    まとめ

    低用量ピルが病院から処方される種類は大まかにこのような種類があり、すべて世代と相性によって分かれています。
    この世代と相性の組み合わせによって、自分の体に合うピルを見つけ出すことになります。
    副作用が強い、不正出血が気になる、自分に合うかどうかの基準はさまざまなものがあります。
    ピルそのものの特徴も理解した上で自分に合いそうなピルを飲んでみることが自分に合うピルを見つけ出す最大で最良の方法だといえます。