低用量ピルの種類は2種類ある

  • ホーム
  • >タイプ>
  • 低用量ピルの種類は2種類ある
  • 低用量ピルの種類は2種類ある

    低用量ピルの種類

    低用量ピルにはいくつか種類があります。
    その種類も大きく分けると、錠剤の数で分ける場合と、一相性~三相性で分ける場合があります。

    錠剤の数で分ける場合は、21錠タイプと28錠タイプがあり、この違いは、偽薬があるかどうかというだけです。
    つまり、薬の内容が違うわけではないということです。

    21錠タイプのものは全ての薬が本物のホルモン剤入りの薬で、すべてを飲む必要があります。
    28錠タイプのものは、7錠が偽薬で別名をプラセボと言います。
    プラセボには薬剤が含まれておらず、あくまでも飲み忘れを防止するために付帯しているものです。

    なぜ偽薬を飲み忘れないようにするのかというと、これは28日周期で生理を起こすためで、生理の開始日や量などをコントロールするためです。
    基本的に毎日1錠の錠剤を飲むという習慣を忘れないために利用されていると思っていれば間違いはないと言えます。

    一相性、三相性の違い

    一相性~三相性についてはホルモンの組み合わせによって分類され、一相性のタイプは服用中に体内のホルモン量が変化することがないもので、順番に服用していけば偽薬にあたることもないため、確実な効果が続きます。

    ですが不正出血を起こしやすいと言われていて、デメリットがないわけではありません。生理をコントロールするならこちらのタイプが扱いやすいと言われています。

    二、三相性タイプは、服用中にホルモン量が変化するタイプで、それぞれ二段階、三段階に変化します。
    このホルモン量が変化すると、女性の体のホルモン変化により近い状態となり自然なホルモンバランスにすることができるため負担が少なく、不正出血を起こしにくくなります。

    その代わり、ホルモン量が変化するのですから、薬を飲む順番を間違えるようなことがあってはいけません。
    そういった意味では飲み方にも注意が必要となります。