21錠と28錠どちらが安い?

  • ホーム
  • >値段>
  • 21錠と28錠どちらが安い?
  • 21錠と28錠どちらが安い?

    ピルは服用するときに1か月分を1シートとして処方されますが、1シートには21錠のタイプと28錠のタイプがあります。
    どの種類のピルでも平均的にこの2シートがあり、初めてピルを服用する方は28錠シートから始めることが多いです。

    21錠と28錠の違い

    この両者はどのように違うのかというと、同じピルの種類なら内容は同じです。
    効果も薬剤の量などもすっかり同じで、違うのは偽薬が7日分ついているかついていないかの違いだけです。
    この偽薬はプラセボといって中身は何も入っていないのですがピルを毎日服用することに慣れるため、飲み忘れを防止するための目的で休薬期間の分ついています。

    結局どちらがお得?

    結論から言えば21錠のシートも28錠のシートも薬剤が同じですから値段も全く同じなのです。
    どちらかが高くてどちらかが安いといった処方があるときは、その医療機関は疑った方が良いでしょう。

    一般的には医療機関のみの扱いとなっているピルは保険適用外でも保険適用となる場合でも21錠と28錠の値段の違いはありません。プラセボの料金を取るような医療機関はおかしいですし、違法に入手している可能性も疑われます。
    処方されるまえに費用については確認もできるのでできるだけ聞いておくようにしましょう。

    医療機関によって変わる場合も

    また値段については保険適用外になる避妊目的で使用する場合、医療機関によって同じピルでも値段は変わります。
    A病院ではトリキュラーが2000円でもBクリニックでは2500円といったように自由診療の範囲では料金が変動します。
    これはあくまでも自由診療のため医療機関が自由に値段設定できるためで、高いから良い、安いから悪いものではありません。
    21錠と28錠での違いはありませんが医療機関による自由診療の範囲では事前のチェックが必要になります。