低用量ピルの副作用について

  • ホーム
  • >副作用>
  • 低用量ピルの副作用について
  • 低用量ピルの副作用について

    医者の問診

    主な副作用とは

    低用量ピルは避妊するために飲む薬です。
    近年では避妊以外にも生理をコントロールするためにも服用されることがありますが、服用に関しては必ず専門のドクターの診断や処方が必要となるものです。

    この低用量ピルは副作用がゼロではないために、副作用を気にする女性も多くいますが、多くの場合は体が薬に慣れるまでの間の副作用という感じで発症すると言われています。
    主な症状としては、

    ・吐き気
    ・だるさ
    ・頭痛
    ・乳房の張り

    などのいわゆるつわりのような症状が多く見られます。
    このつわりのときに多く見られる症状がどうして副作用として出てくるのかというと、低用量ピルによって、体の中では妊娠と同じレベルまでホルモンをコントロールするからです。

    副作用を感じたら病院へ

    副作用は薬が良く効いている証拠ともいえるものですが、どれか一つでも症状が出た場合は早めに専門のドクターに相談することが必要です。

    低用量ピルを服用している女性のほとんどは、体内のホルモンバランスが落ち着きを見せるまでは多少の副作用を感じながらもピルを飲み続けることもあるようですが、そのようなことは避け大きなトラブルに発展する前に速やかに病院に行くことを勧めます。