どの割合で副作用になるのか

  • ホーム
  • >副作用>
  • どの割合で副作用になるのか
  • どの割合で副作用になるのか

    低用量ピルは日本ではまだまだ浸透していないと言われていて、どちらかというと悪いイメージの方が強く広まっているとも言われています。
    実際のところはピルそのものが悪いというものではなく、知られていないため悪いイメージや恐れから副作用の部分だけが独り歩きしている印象も受けます。
    低用量ピルは女性ホルモンの量そのものが低用量なので副作用自体が軽くなったり少なくなったりしていますが、それでもやはりまったくの無症状で終わる人は少ないです。

    代表的な副作用

    ではピルを飲むとどれくらいの割合で副作用が起こるのかを見ていきましょう。
    ピルを服用する女性のうち、全体の5%以上の方に起こる副作用を「よくある」とすると、よくある副作用には次のようなものが挙げられます。
    ・乳房の張りや痛み
    ・悪心
    ・嘔吐
    ・頭痛
    ・偏頭痛
    ・不正出血
    こうした症状は比較的多くの女性が経験していて、代表的な症状といっても良いです。

    人によっては起こりうる副作用

    次にピルを服用している女性全体の0.5%~5%程度の副作用を見ていくと次のようなものがあります。
    ・発疹
    ・むくみ
    ・体重増加
    ・血圧上昇
    ・食欲不振
    ・頻尿
    ・口内炎
    ・倦怠感
    ・めまい
    ・イライラする
    ・にきびなどの肌トラブル
    ・視力障害
    ・視力の変化
    さほど多くの割合ではないけどもこうしたちょっとした症状を感じることは多くあります。

    副作用の期間

    また副作用は、ほとんどの女性がピルを飲み始めてから3周期くらいまでの間に収まると言われているので、具体的な期間でいえば3か月くらいは諸症状があると思っていて良いことになります。
    また個人差がありAさんは吐き気がひどかった、Bさんは倦怠感がひどかった、というようにピルによる副作用は人によって変わります。
    そのためおかしいなと思ったり、気になる症状が出たときはピルを処方してもらった婦人科に問い合わせましょう。