21錠より28錠がおすすめ!

  • ホーム
  • >体験談>
  • 21錠より28錠がおすすめ!
  • 21錠より28錠がおすすめ!

    私がピルを飲み始めたのは生理痛がひどかったことや子宮内膜症があったためで、低用量ピルを飲むようになってからずいぶん生活しやすくなったなと思っています。
    最初のうちはピルを毎日飲むことが慣れなくて忘れないように気を付けるというのが大変だったのですが、
    最近はすっかり慣れてきて飲み忘れることもなくなってきました。
    ここまで来るには私もいろいろな工夫をしていてその体験談を紹介します。

    7日間の休薬期間がネックでした

    ピルには21錠のシートと28錠のシートがあり、はじめにドクターに処方されたのは21錠のシートでした。
    単純にシートを飲み終わったら7日間の休薬期間を設けて次のシートを飲み始めればいいだけなのですが、
    頭ではわかっていてもなかなか忘れないで飲み始めることができない時もありました。
    2回くらい飲み始めの日を忘れたことがあり、これではダメだと思って28錠のシートに変更してもらったんです。

    偽薬を飲むことで改善されました

    28錠のシートは最後の7錠がプラセボになっているので実質休薬期間も偽薬を飲んで過ごすことになり、
    習慣としてピルを毎日1錠飲むだけで休薬期間も忘れずに飲めるし、
    次のシートへの乗り換えも今のシートをすべて飲んだら次、といった感じなので飲み忘れることがほとんどないんです。
    私にはこの28錠のシートの方があっていて毎日コツコツと飲み続けることができたし、苦になることもありませんでした。

    飲み忘れが気になる方はぜひ28錠!

    あとから知ったんですが飲み忘れをしやすい人は28錠の方が良いそうで、
    私は最初から21錠のシートをすすめられたということはしっかりしているように見えたのかもしれないです。
    今ではもう毎日の習慣になってピルを飲み忘れることはほとんどありませんし、
    体にも慣れてきて生理に関するトラブルもほとんどなくなりました。